「志」特別選抜

「志」特別選抜とは

現在進められている大学入試改革に基づく
学力の3要素の多目的・総合的評価をふまえた新しい選抜です。

入試の流れ

(1)
大学入学共通テストを免除
(2)
第1次選抜

「書類審査」「模擬講義・レポート(理系)」「総合問題(理系)」を課し、結果を総合して選抜

(3)
最終選抜(第1次選抜合格者を対象)

志望する学科コース等において、それぞれに特化した適性を見極め、専門分野にかかわる学力を有しているかを総合的に評価して選抜最終選抜では、面接口頭試問を実施

出願要件(一部抜粋)

  • 合格した場合、入学することを確約できる者
  • 数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B及び理科の物理、
    化学(理数科はそれぞれ理数科目)について履修し単位を得ている、又は入学までに修得見込みの者
  • 調査書の全体の学習成績の状況が4.0以上の者

出願に当たっての注意事項(すべての入試制度共通)

入学1年後の領域配属で、海技ライセンスコースの航海学領域
または機関学領域に配属された場合、3,4年次に「船舶実習」を履修する必要があります。

「船舶実習」を履修するためには、健康診断基準(視力・色覚・聴力握力等)を満たす必要があります。 ※出願要件ではありません
基準を満たさず「船舶実習」を履修できない場合、卒業できないことがないよう配慮します。